葛の花由来イソフラボンとは?

葛とは昔から生薬として使用されているマメ科の植物です。
この葛の花には7種類のイソブラボンが含まれていると言われています。
その中でも、特に多く含まれているのがテクトリゲニン類というイソフラボンで、最近このイソフラボンにダイエット効果があると言うことが知られ、注目されています。

 

葛の花由来イソフラボンのダイエット効果

葛の花由来イソフラボンのダイエット効果とは、具体的にどのような作用があるのか解説していきます。

内臓脂肪を減らす
皮下脂肪を減らす
中性脂肪を下げる

 

葛の花由来イソフラボンの脂肪の合成を抑止するメカニズム

葛の花由来イソフラボンには脂肪の合成を抑止する効果ががあります。
日々の食事によって摂取した栄養素は、内臓で分解されてエネルギーとして利用されます。
しかし、使い切れずに余った栄養素は肝臓で中性脂肪に合成されて、体にため込まれていきます。
葛の花由来イソフラボンを摂ると、
肝臓での脂肪合成を抑える
脂肪細胞の分解を促す
という効果があり、葛の花由来のイソフラボンを継続的に摂ることにより、脂肪合成が抑制され、さらの脂肪細胞の分解を促してくれるため、ダイエット効果が高いのです。